身から出た寂

堪えきれず出てしまった一人言を5人くらいに見て欲しい、そんな自己承認欲求を満たすための場所です。野崎まどについてばかりになると思います。

【C95】野﨑まど作品二次創作合同誌作成予定&ご寄稿募集のお話【大募集中!】

冬コミサークル参加決まりました!! やったー地獄の日々の始まりだー!!(白目)

 

f:id:yasiki_waka:20181104231403j:plain

 

2018年12月29日~31日に開催されるコミックマーケット95(C95)に当選し、1日目の12月29日(土)に東ペ-26aでサークル参加することになりました。

 

 

 

 

それに伴いまして、もし野﨑まど作品(正解するカド含む)の二次創作諸々を合同で出しても良いという方がいましたら、是非お気軽にtwitterにてご連絡いただければと思っています!

twitter.com

 

サークル情報的なのはこちら

https://saiharayayaya.wixsite.com/yasikiwaka

 

 

そこで、簡単な概要をここでまとめさせていただきます。

  

【合同】

・今回は頂けた原稿の内容と数によって出す冊数を考えます。もしバビロンの二次創作が一定数になるようならバビロン単独の合同誌が出来る可能性も……。

・全年齢向けです。ご了承ください。

・一般向けとして出します。内容について質問などありましたらtwitterにてご質問ください(判断について私の主観が入りますことをご了承ください)。

・この同人誌は基本利益ゼロで考えております。ご協力いただきました方には完成本1冊をお渡しさせていただきますが、原稿料はお出し出来ません。申し訳ありません。

・掌編、短編、中編、長編小説や、漫画・絵・書評・写真・POPなどなど、紙媒体にて掲載できる形状のものであれば1ページ、1文字から大募集しています。

・紙媒体以外でのものにつきましては基本委託でお受けします。何かありましたらご相談ください。

・作品の期限ですが、12月5日(水)でお願いいたします。

・同人誌のサイズは、A5サイズを予定しております。

・当方はWordやらPhotoshopを使用いたします。多分大体対応できると信じています。

・印刷会社さんは栄光印刷さんの予定です。イラストや漫画の場合は、解像度などにご注意ください(https://www.eikou.com/making/creative/)。

・表紙は出来ればカラーで、中身はモノクロの予定です

・作品のやり取りは基本メールでお願いいたします。もし他の手段が必要になるなど変更がありましたらその都度ご相談させていただきます。

(メールアドレス:saiharayayaya@gmail.com

 

 

以上になります。

もし気になる点などありましたらお気軽にtwitterのリプライにてお声がけください。必要に応じてこちらにも加筆修正を行いたいと思います。

 

出来るだけ楽しく魅力溢れる同人誌を作れたらと思っております。

予定が未定でも結局作品が間に合わなくても大丈夫です(本当に大丈夫です。なんなら私が間に合わなくて載せられないパターンもあります)のでお気軽にご参加ください!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

サークル かきまぜぼう

邸 和歌

書くことを思い付かない時に、お題を思い付く方法

お久しぶりです。

 

そろそろ更新しないとヤバいなと思い立ったので、twitterでブログのお題を募集してみたらタイトルの通りのものが投げつけられてきました。

私自身がお題思いつかないからtwitterでお題を募集したはずなのですが、これは広い意味でのブーメラン的なものなのかもしれませんね。よく分かりません。

 

 

仕方がないので少し真面目に考えてみると、「書くことが思いつかない時」というのは、自分の中からだけでは何も出ないような状態であることだと思います(もしくは自身が無くて出し渋っている時ですが、まぁ似たような状態と言えるでしょう)。

 

つまりは、外からお題を見つけてこないといけない訳で、だからこそ今回私はtwitterという手段を用いてみた訳です。

 

じゃあ他にどんな手段があるかなと考えた時に、一番お手軽なのは本じゃないかなと。

特に辞書とかそこら辺の、情報が羅列されているような本。こういうのを適当にパラパラめくってピンときたものをお題にしたり、見ている内に何かのきっかけで自分の中の思わぬ引き出しが開いたりすると思いますし。

 

 

ということで、せっかくなので私も手元にあった本をペラペラめくってみようと思います。 

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

 

 

「善いサマリア人

「認識論」

「ポール・ゴーギャン

ヴィーナスの誕生

 

いろいろ豆知識的なものが書かれていて面白いです。

認識論のページでは、伝統的に哲学者たちは、知識とは「正当化された真なる信念」だと定義しているそうです(一方で「正当化された真なる信念」の全てが知識であるとは限らないとも)。

 

興味深い話ですよね。

 

 

 

ところで、知識といえば野﨑まど先生の作品に『know』というタイトルの作品があります。

 

know

know

 

 

簡単な世界観の紹介をざっくりと。

 

2081年の京都では脳に《電子葉》という脳の情報処理を補助する機械が多くの人に埋め込まれており、電子葉を得た人々はちょっとした思考=《鍵刺激》があれば一瞬で調べられる力を手に入れていた。つまりは、調べた事と元々知っている事にタイムラグがほとんどなく、若者はネット上にある情報を全てを“知っている”事と表現するような世界であった。

そんな世界を舞台に、師を敬愛する一人の青年ととある少女の、世界を変える四日間がこの物語となっている。

※とても面白いのでまだ読んでない人は是非読んでください

 

 

この『know』の世界では、「調べられること=知っていること」という定義がなされている訳ですが、この世界には最初から全知の人はいません。

これは、この世界の設定としてカースト制度のようなクラス分けがなされているとか、ネット上の情報が全てではないとか、そういった話ではありません。

 

先の説明文に書いたように、この世界の人たちは何かを調べるためには《鍵刺激》が必要になります。簡単に言えば、「カレー」について知りたくても自分の意識に「カレー」という単語や連想されるようなものが無ければ「カレー」について調べられない=知ることが出来ないということです。

とどのつまり、元々の持ち合わせている知識や周囲に刺激になるような環境が無ければ、調査速度以外は現代の我々と大差がないということです。

 

 

何が言いたいかというと、「書くことを思い付かない時にお題を思い付く」には、現代でも『know』の世界でも選べる手段はほとんど同じで、似たような悩みを持っている人たちが2081年の京都にもいるんだろうなぁと思いを馳せたというお話です。

 

 

まぁ、上手いことまとめるとするならば、過去現在未来 いつの時代でもアイデアの枯渇というのはきっとあるもので、そんな永遠かつ深淵なテーマを投げかけてくれたtwitterの住人様には感謝しないといけないなぁ、なんて。

 

 

 

 

 

 

思う訳ないだろこのおばか!!

正解するカド主要メンバーの視聴前説明 ―たまにはふざけたって良いじゃない―

 
とりあえずこれだけ読んでから『正解するカド』を見てみては?

 


賛否両論飛び交う不思議アニメ『正解するカド』は、個人的には出来れば多少の事前知識を得てから見て欲しいアニメです。
登場人物を見る前に少しだけ予習すると、あら不思議。正解するカドが普通のぶっ飛び面白アニメに大変身しちゃいます!

 


本格SFや人間ドラマといった触れ込みは一切気にせずとりあえず以下の登場人物紹介を読んで視聴してみてくださいな!!

 


【メインキャラクター】


ヤハクィザシュニナ


ハイセンスな見た目のこの方は、見ての通りこの物語の中核を担います。主役と言っても過言では無いでしょう。
そう、主役なのです。この主役は日本という未知の舞台で色んなことをしますし、学びますし、彼からすると驚くようなものを得て成長していきます。その様子を私たちは楽しめちゃうのです!
すました顔して何を考えているのか分かりませんがアニメを見ていけばきっと段々分かっていきます。
でも、見た目に騙されないで! 彼はこの日本生活歴は赤ちゃんなの! ピュアっピュアなの! 孤独なの! そんな彼はなんでこんなところに来たのか、来てどのように考え感じるのか……みんな考えてみてね!

 


真道幸路朗


カッコいいビジネスマンって感じの彼。
でも変人です。おかしいです。もはやサイコパスなのでは……?
これは「精神構造相関性物理剛性」という短編を事前に読んでいるとなんとなく分かりますし、アニメを見ていけば気付きます。
(ちなみにこの短編の内容を一言で言うと、「死ぬほど丁寧に綺麗に折れば、折り鶴はとんでもない強度になって触るものを傷付ける程にも出来ちゃうよ♪」って話です。ね? おかしいでしょ?)
信念有りすぎて周りは理解出来ないレベルの信念の擬人化。彼の行動には気を付けましょう。(本気で読み解けば彼の論理も理解出来るかも?)

 

 


徭沙羅花


元々は物語後半に登場する予定だった彼女。ちょっと無理して前半にも登場してもらっちゃってます!(12.5話だと前半モブっぽい。本来に近いとも言える?)
ということはつまり重要人物なんですよね。まぁメインの3人の内の一人になってるくらいですから当然なのですが……。
彼女の(特にあるモノを見つめてる時の)表情は要チェックや!!

 


花森瞬


物語の癒し、良心、幸せになってくれ……。

 


品輪彼方


可愛い天才学者さん。リアリティ? そんなのアニメの登場人物に求めないでよね! 

 


【大事な事言う三兄弟】


犬束構造


どこかで見たことあるような首相。彼の発言は大体物語においても大事なこと言ってる。流石首相!!

 


言野匠


報道マン。めっちゃ良いこと言う人。終始分かりやすく一貫した行動を取ってくれる、一番視聴者に近い人物かも……。

 


御船哲人


おじいちゃん先生。物語の核心を突くことをよく言う。理想の教授。惚れても良いぞ?

 


【とりあえず】


浅野修平


彼の見せ場……? 2ヶ所くらいかな?

 


夏目律


可愛い、綺麗、好き。なんで真道のこと好きなんだろう? でもそんな彼女が好き。別名、真道君発声装置(12.5話ではその機能のほとんどが失われている)。

 

 


はい、ということでおおよそのメインキャラの説明をしました。これをおさえておけばきっと大丈夫! 皆さん安心して『正解するカド』を楽しんでくださいね!!


※ 視聴は個人の責任です。いかなる苦情も受け付けません。

【C93】第1回全日本「なめらか」選手権募集要項【新刊コピー本】

2017年12月30日コミックマーケット93・東キ‐50a「かきまぜぼう」にて頒布する新刊コピー本『野﨑まどコピー誌(滑)』(仮題)にて、以下の企画を行います。

 

 

第1回全日本「なめらか」選手権 ※ゴロの良さ優先

 

【内容】

『小説家の作り方』(野﨑まど メディアワークス文庫)にて登場するキーワード「なめらか」にちなんで、皆さんの思う一番なめらかな「なめらか」を募集いたします。

 

【応募要項】

・期限: 12月27日

・A5サイズ1ページ以内

・モノクロ印刷に耐えられるもの

・1人1作まで

 

【優勝賞品】

当日飾ろうと作ったものの、大きさが良く分かっておらず大きく作り過ぎてしまった『野﨑まど合同誌(続)』表紙デザインポスター(A0サイズ)

(サンプル)

f:id:yasiki_waka:20171221165411j:plain

 

【審査方法】

・適当。「な、なめらか~ぁっ!」って思えるもの。

 (野﨑まど先生が審査してくださるなら一任します。ご連絡お待ちしt)

 

以上です。なにか分からないことがありましたらTwitter等にて受け付けますのでお気軽にどうぞ!(必要があればこのページも更新します)

 

ご応募お待ちしております!!

 

 

(あ、あと通常の寄稿もぼちぼち募集しています。ただ、ページ数をある程度想定した上で、今回未寄稿の方優先になりますのでご了承ください。)

 

 

関係ありそうでなさそうな記事

yasiki-waka.hatenablog.com

yasiki-waka.hatenablog.com

 

【C93】野﨑まど作品二次創作合同誌の追加作成のお話【募集終了】

 前回の記事(寄稿募集終了)はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

 

 

2017年12月29日~31日に開催されるコミックマーケット93(C93)に当選し、2日目の12月30日(土)に東キ-50aでサークル参加することになり、本日無事に合同誌を入稿することが出来ました。みなさまご寄稿ありがとうございました。

 

 

ただ、今回私の宣伝が遅かったばっかりに締切までに間に合わなかったという方がいらっしゃったようでした。(申し訳ありませんでした……)

 

イデアが出ていたのにこのまま全てを無しにしてしまうのは勿体ない!という私の勝手な思いから、合同誌をもう1冊作ることにしました。

 

 

 

まだ、コピー本かオンデマンド本か(締切がいつになるか)は確定していませんが、

上記のアンケートの結果オンデマンド本になりました。

もしご都合が着くようでしたらぜひご寄稿のご検討をお願いいたします。

 

 

なにかご質問などありましたら私のTwitterアカウントまでご連絡ください。

twitter.com

 

サークル情報的なのはこちら

https://saiharayayaya.wixsite.com/yasikiwaka

 

 

合同誌の概要は以下の通りです。

  

【合同】

・締切は12月19日です(18日までに貰えると滅茶苦茶ありがたいです)。

・全年齢向けです。ご了承ください。

・一般向けとして出します。内容について質問などありましたらtwitterにてご質問ください(判断について私の主観が入りますことをご了承ください)。

・この同人誌は基本利益ゼロで考えております。ご協力いただきました方には完成本1冊をお渡しさせていただきますが、原稿料はお出し出来ません。申し訳ありません。

・掌編、短編、中編、長編小説や、漫画・絵・書評・写真・POPなどなど、紙媒体にて掲載できる形状のものであれば1ページ、1文字から募集しています。

・紙媒体以外でのものにつきましては基本委託でお受けします。何かありましたらご相談ください。

・同人誌のサイズは、A5サイズを予定しております。

 特に絵や漫画はサイズ調整お願いいたします。(小説などの文字系統はこちらで編集し、確認を取っていただく予定です)

※栄光印刷様にて刷らせていただく予定です。

Q&A よくある質問|同人誌印刷|株式会社 栄光|栄光情報最前線

 

・基本モノクロになりますが、なにかご希望がありましたらご連絡ください。

・作品のやり取りは基本メールでお願いいたします。もし他の手段が必要になるなど変更がありましたらその都度ご相談させていただきます。

(メールアドレス:saiharayayaya@gmail.com

 

 

以上になります。

もし気になる点などありましたらお気軽にtwitterのリプライにてお声がけください。必要に応じてこちらにも加筆修正を行いたいと思います。

 

出来るだけ楽しく魅力溢れる同人誌を作れたらと思っております。予定が未定でも結局作品が間に合わなくても大丈夫ですのでお気軽にご参加ください!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【C93】野﨑まど作品(正解するカド含む)二次創作合同誌作成予定のお話【募集終了】

大変遅くなりましたが……

 

 

2017年12月29日~31日に開催されるコミックマーケット93(C93)に当選し、2日目の12月30日(土)に東キ-50aでサークル参加することになりました。

 

それに伴いまして、もし野﨑まど作品(正解するカド含む)の二次創作諸々を合同で出しても良いという方がいましたら、是非お気軽にtwitterにてご連絡いただければと思っています!

twitter.com

 

サークル情報的なのはこちら

https://saiharayayaya.wixsite.com/yasikiwaka

 

 

そこで、簡単な概要をここでまとめさせていただきます。

  

【合同】

・今回は頂けた原稿の内容と数によって出す冊数を考えます。例えば正解するカドに関する原稿が多ければ正解するカド単独での合同誌を発行します。

・全年齢向けです。ご了承ください。

・一般向けとして出します。内容について質問などありましたらtwitterにてご質問ください(判断について私の主観が入りますことをご了承ください)。

・この同人誌は基本利益ゼロで考えております。ご協力いただきました方には完成本1冊をお渡しさせていただきますが、原稿料はお出し出来ません。申し訳ありません。

・掌編、短編、中編、長編小説や、漫画・絵・書評・写真・POPなどなど、紙媒体にて掲載できる形状のものであれば1ページ、1文字から大募集しています。

・紙媒体以外でのものにつきましては基本委託でお受けします。何かありましたらご相談ください。

・作品の期限ですが、12月5日でお願いいたします。

・同人誌のサイズは、A5サイズを予定しております。

 特に絵や漫画はサイズ調整お願いいたします。(小説などの文字系統はこちらで編集し、確認を取っていただく予定です)

・表紙は出来ればカラーで、中身はモノクロの予定です。紙の質など、希望がありましたらかち合わない限り出来るだけ要望にお応えしたいと思っていますのでお気軽にお申し付けください。

・作品のやり取りは基本メールでお願いいたします。もし他の手段が必要になるなど変更がありましたらその都度ご相談させていただきます。

(メールアドレス:saiharayayaya@gmail.com

 

 

以上になります。

もし気になる点などありましたらお気軽にtwitterのリプライにてお声がけください。必要に応じてこちらにも加筆修正を行いたいと思います。

 

出来るだけ楽しく魅力溢れる同人誌を作れたらと思っております。予定が未定でも結局作品が間に合わなくても大丈夫ですのでお気軽にご参加ください!

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【その25】正解するカドの個人的解釈【2017/7/4時点】

私のツイートを載せているだけになります。ご了承ください。


正解するカドは、これまでの野﨑まど作品と一線を画す作品上の構造をしていると思ったところから始まります。

※前提知識として、野﨑まど作品の多くにおいて、何かしらの超越した能力を持つヒロインに主人公が振り回されるという構造があります。その過程で起きるいくつもの現象と、それらが収束し1つの結論へ、どんでん返しがありつつ行き着く流れが野﨑まど作品の魅力になっています。

















まだ考え続けている途中ですが、少しまとまりが出てきたかなと思ったので記録として残させていただきます。