読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身から出た寂

堪えきれず出てしまった一人言を5人くらいに見て欲しい、そんな自己承認欲求を満たすための場所です。野崎まどについてばかりになると思います。

【その22】正解するカドの妄想【考察ではない】

 関連前記事はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

 

正解するカド』3話までを受けた考察が、明日発売の「S-Fマガジン6月号」に載るということで慌てて殴り書きます。

 

 

 

まあ私のは妄想ですから! 根拠ないんで華麗にスルーしてくださいね!! 私が書きたいだけなので!!

 

(ちなみに私のSF経験値は野﨑まど著『know』『ファンタジスタドール イヴ』と下に出てくる一編くらいなものです。……ところで第五の地平はカウントしていいんですか?)

know

know

 

 



 

 

ちなみに以下野﨑まど作品のネタバレもちょっと出てくるから気をつけてね!!

 

 

 

 


【妄想開始】

私の知ってるSF的なものを総動員(3作分)した結果、星新一の「殉教」かなと思いました。

ようこそ地球さん (新潮文庫)

ようこそ地球さん (新潮文庫)

 

 

 

以前、twitterで、『know』が星新一の「殉教」を想起させられる、と言っているのをみたときから、私の中で『know』+『バビロン』→「殉教」のイメージが出来ていました。

『know』:死の克服

『バビロン』:死の肯定

「殉教」:死後の世界へ人がこぞって行こうとする

 

 

上記のことから私の頭に「殉教」の話があったので、今回の『正解するカド』が野﨑まどにとっての「殉教」になるのかなと思った次第です。(決して死が関連するという意味ではなく、異世界との交信とその結果についての話の構造が似通うのかなという意味です)

 

 

少し考えるものとして挙げられるのは、

『VOICE FLIX 2017年4月号増刊』に掲載されている三浦祥朗さんのインタビュー記事のなかで、

 

「『正解するカド』の実写PVの撮影があったんです。謎の巨大立方体・カドが地上へとやって来て、その存在が当たり前になった世界で生きる大学生という役どころです。 (中略) 作品を全部観終わった後、改めてPVを観ると、詳しくは言えませんが……、ああ、そうだったんだなっていう新しい気付きがある作りになっています」

 

という発言があったので、今現在この作品のオチ予想で一番真に近付くためには実写PVの部分を見て考える事だと思い、実写パートで違和感のあったところについて考えてみました。

www.youtube.com

 

正解するカド』予告第1弾 : Concept Trailerの実写パートで、

 

・みんな口でしゃべってない(モノローグのみ)

・音が無い(M・A・Oさんがイヤホン外したら無音)

 

というところから、

 

・人が少ない(もしくはほとんどいない?)

・ザシュニナのテレパシー的な技術が普及した世界?

 

と考え、カドを通じて、人々が世界を推進:この宇宙が「ノヴォ化」した。もしくは、多くの人がザシュニナの言う「異方:ノヴォ」へとカドを通じて行ってしまったのかなと。

(2話で真道が「俺たちが出られるのは29日後か。その間に、世界は大きく変わる」と言っているので、真道の言う「世界」がこの世界とするなら前者の方が少し有力かもなと思ってます)

 

 

今後、アニメでは、日常風景も描かれるということなので、

 

技術出る→世の反応→受け入れられた姿

 

のサイクルが進んでいく様が描かれて、最後はそこに至りそう、的な?

 

「殉教」でいう死後の世界が『正解するカド』では「ノヴォ」なのかなと。

 

今のところ、ザシュニナのいた世界がとんでもなくすごいところ(高次元世界・カドやワムといったオーバーテクノロジー)という印象が強いところが、段々「ノヴォは素晴らしい世界である」という視点に意識が向いていくかもと思っています。

 

 

 

他にも、

 

ヤハクィザシュニナが言っている「世界を推進するため」の「世界」が「ノヴォ」のことであり、ノヴォはこの宇宙と隣接したところにあるため、この宇宙を変えることでノヴォに影響を与え、ノヴォを「推進」するために動いているのでは? とか考えています。

だからこそ、ヤハクィザシュニナの行動は人類にとって良いものであるように見えるにも関わらず善意が見えないのかなと。(自分のいる世界のためにやっていることであり、それがこの宇宙にとってどのように作用するかは関係ないため)

 

とか、

 

ヤハクィザシュニナが正解を求めているのは、正解を求める過程で得られる人類の精神状態の在り方や揺らぎをザシュニナが求めているから?

 

といった細々とした考えを持っていたり・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

でもどうせ当たらないんですけどね!!

だって脚本が野﨑まど先生なんだもの!!(ここ重要)

 

 

 

なのであとは楽しく4話以降を観ようと思います!!

なんか思いついたら今後も妄想はしていくよ! きっと!

 

 

 

 

考察班さん、なんかいい感じの考察よろしく頼みます(投げやり)

 

 

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。

 

【番外変】正解するカド通信・野﨑まどからの暗号解読【Febri Vol.41】

どもども。

 

みなさん、Febri Vol.41は購入しましたか?

Febri Vol.41

Febri Vol.41

 

 

みんな大好き「正解するカド通信」の第3回が掲載されています。

イラストはキャラクターデザインの有坂あこ先生描きおろしで、徭沙羅花ちゃんがいます!! 可愛い!! もうこれだけのために買っても絶対損はありません!!

 

 

 

 

 

 

・・・・・・ん?

 

 

 

 

 

 

そのとなりに何か変なものが・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

たしか普段はそこにスタッフのインタビューが載っていたと思うんだけど・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

や、やりやがったなああああああ野﨑まどおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!(歓喜

 

 

 

 

はい、ということでこの暗号の解読をしました。上記のツイートの3時間後には!(ここドヤらせて!)

 

 

 

まあもうそろそろ良いかなということで解読方法と解読後の文を載せたいと思います。

 

 

 

でもネタバレの前に、公式から公開されたヒントを元にみなさんも挑戦してみては?

 

 

 

 

 

どうだったでしょうか?(なかなか難しいヒントな気が・・・・・・)

 

ではいいですかね? 以下はネタバレとなるので自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

【解読方法】

シンプルに言うなら、四進法です。

 

辿り着いたヒントは以下の通り。

・立方体の各面に描かれている模様が、特殊なものを除いて四種類あります。

・表示されている面は3つ。

・過去の正解するカド通信では、インタビューの回答の最初に名前が来て、その後一文字空けて回答が来ていたので、立方体4つで「のざき」を表現すればよい。

 

これらのことから、模様を数字に捉えて、3桁の数字で五十音を表現できる方法を考え、その結果が四進法でした。

 

「のさ゛き」と4つの立方体の模様を照らし合わせた結果、

 

f:id:yasiki_waka:20170424230803j:plain

 

このように数字を付与し、上の面・左側の面・右側の面の順で3桁の数字を構成し、

 

「000:あ」を起点として、四進法の数値を五十音順に付与。

最初の「のさ゛き」は、

 

 の : 120

 さ : 022

 ゛ : 999(便宜上個人的につけたもの。面が真っ白は特殊記号扱い)

 き : 012

 

となり、これで 模様・数字(四進法)・五十音 が対応できました。

 

 

 

 

こんな経過があり、ぐだぐだしながら数字を打ち込み解読しました。

 

解読結果が以下の通りです。

 

 

 

 

【解読結果】

※インタビューの質問部分は省いています。どんな質問かは是非Febri Vol.41を購入してご確認ください! (というか買って読まないとどんな質問か分からないのでは?w)

 

 

 

 

まるでアクティブSETIのような心持ちになります。 

 

野﨑 まず最初に、質問とは異なる返答になってしまいますが、この非常に無益な七面倒くさい本文の解読に尽力された読者の皆様に深い感謝の意を表します。誰も付き合ってくださらなかった時は、このテキストもまた虚空に響くのみでしょう。こうして届くかも分からないメッセージを書いていると、まるで地球外知的生命能動探査アクティブSETIのような心持ちになります。錯覚でしょうか。

 

野﨑 アクティブSETIとファーストコンタクトで話が繋がりました。異文化交流の際に、二者の間に大抵なんらかの障壁が存在します。この原稿のフォントもまた障壁といえます。つまりこの状況こそ、ファーストコンタクトの難しさを表したメディアミックス的表現だと言えるのです。言えます。言えるさ。言える。。。

 

野﨑 質問に碌に答えぬまま駄文で紙面を浪費した気がします。ヤハクィザシュニナはランダムな文字列で、名づけ当時はネット検索しても結果はゼロ件でしたが、今ではヤハクィザシュニナジグソーパズルをヨドバシカメラですぐ購入しろというまでになり、アニメの影響力を富に感じています。

 

野﨑 深水ソフィーです。理由は省きます。

 

野﨑 この期に及んでそんな難しい質問を。。。

 

野﨑 本編に対する不安は一切なく、むしろこの文章が誰にも届かない不安で一杯です。

 

野﨑 どうかこのメッセージを受け取ってください。私は、

 

野﨑 私は、真道幸路朗。

 

 

 

一ヵ所おそらく読点の付ける箇所を間違えたような部分がありますが、全て意味が通る(???)文になりました。・・・・・・解せぬ。

 

 

 

これでなんとか野﨑まど先生の魅力が伝わるといいなぁ!!(無理かな?!)

 

 

ではでは。

 

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。

【その21】正解するカドの反響に関する小ネタ【シン・ゴジラ、マーリン、アートレイル】

関連前記事はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

 

 正解するカドの第1話がTV放送もされ、いよいよ多くの人に見てもらえる楽しみな日々に入ってきた今日この頃。

 twitterで「正解するカド」と検索していると細々とした小ネタがあったので、ちょっとスッキリさせておこうかなと。個人的に整理しておきたいものだったので供養しておきます。

 

 

 

 twitterなどで散見される感想として、「シン・ゴジラに似ている・影響を受けたのではないか」や「ヤハクィザシュニナがFGOのマーリンに似ている」、「カドってアートレイルじゃん」というものがありました。(個人的には、「うるせえ! 黙って正解するカド見てハマってしまえ!!」と思っている)

 

シン・ゴジラ

 「シン・ゴジラ」公開より先に脚本は上がっていました。(2016年10月9日マチアソビvol.17:TVアニメ『正解するカド』キックオフミーティング「正解するまで終わりま10」にて野口光一プロデューサーより)

yasiki-waka.hatenablog.com

その他参考:[正解するカド]話題の3DCGアニメ、制作の裏側 3DCGの強みとは? | マイナビニュース

 

 

【マーリン】

 FGOに登場するマーリンのビジュアル初出は、Fate/stay nightUnlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I』の特典小説『Garden of Avalon』らしく、その発売日が2015年3月25日でした。

 参考:マーリン(Fate) (まーりん)とは【ピクシブ百科事典】

    Amazon CAPTCHA

 それに対し、一般向けにヤハクィザシュニナのビジュアルが出たのが、公式サイトにて2015年10月10日です。

 参考:NEWS|正解するカド KADO: The Right Answer

 時期的にマーリンが約半年ほど早くビジュアルが出ていますが、以下のツイートの通り、デザインはそれ以前に出来ていたようです。

 

 

【アートレイル】

 『アートレイル』は、2015年10月12日から連載開始のようですので、『正解するカド』的にはその時期にはHPが公開されていますし、企画段階を考えればお互い知る由もないと思います。(ただ、谷口悟朗さんと野﨑まど先生は『ファンタジスタドール』で面識があるところが少し気になった時期もありましたw)

 参考:『コードギアス』の谷口悟朗最新作! 初のコミック原作「ATRAIL(アートレイル)」が、KADOKAWAの人気コミック無料サイトComicWalkerで、10/12より連載開始!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

 

 

 

はい。こんな感じです。

色んなアニメ・漫画・小説などの創作物においてパクリ・オマージュ・似ているという話題はつきものなのでなんてことない話なのですが、とりあえず私の知っている範囲のものはここにまとめておきます。

 

 

正直、『正解するカド』見てもらえれば面白い作品なのでそんな些末なことは吹っ飛んでしまうと思いますよ!!(だから見て!見てよね!!)(ほら、すぐAmazonプライムビデオに登録するかニコニコ動画で見て!!)

Amazon CAPTCHA

ch.nicovideo.jp

 

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。

【その20】正解するカド第1話~第3話先行上映会【The Right Theater】

関連前記事はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

 

すごーい!! たーのしー!!

 

すみません、言語化が難しくて……(野﨑まど先生、けものフレンズ イヴはまだですか?)

ファンタジスタドール イヴ

ファンタジスタドール イヴ

 

 

 

はい、2017年4月2日(日)19:30~21:30に新宿バルト9にて開催された「TVアニメ「正解するカド」1~3話先行上映会『The Right Theater』」に参加してきました。

 

 

 

いや、もう、最高。面白かったです(口を手で押さえながら) 

 

まず、3DCG・作画のクオリティが凄いです。『正解するカド』は、CGとセル画のハイブリッドアニメーションで、同じ画面にCGのキャラとセル画のキャラが同時に出てくることが多々ありましたが、この事を知らずに見ていたら多分気付かないレベルです。(私も最初は少し注意して探していましたが、あまりにも自然なので途中からは普通に見入っていましたw)

特にCGスタッフをはじめ多くのスタッフが口々に仰っているのは、「カドが凄い」「カドを作るのが大変だった」です。

その言葉の通り、この作品の核にもなるであろう“カド”のクオリティはとてつもないです。完成版を見た声優の方々も「綺麗!!」と絶賛していました。

 

 

 

また、キャラクターが魅力的!

謎の存在と日本政府の交渉劇が1つのメインになるのですが、一方でクスッと笑える会話が挟みこまれたり、日常パートも出てきて、各キャラのキリッとしたカッコいい姿と可愛らしい姿両方を楽しめます! キャストの方々も、「日常パートを見て!」と、こちらも交渉劇と対となる魅力的なシーンになっているようです。

f:id:yasiki_waka:20170403152804j:plain

↑ 第2弾PVより、キリッとした花森瞬。

↑ 公式twitterより、酔っぱらってる(?)花森瞬。

 

ギャップに良さしか感じない。これ、3DCGですよ?

(個人的には予告第1弾 : Concept Trailerに出てくる、真道幸路朗の「付き合おう」「世界の推進というやつに」と言っているシーンの表情が好きです)

www.youtube.com

(サムネイルになってる真道の表情もいいですね!)

 

 

 

そして何よりも、トーリーが面白い!!

前記事にも書きましたが、1話1話の情報量が多く、それでいてSF特有の難しい設定やガジェットについてもとても分かりやすく落とし込んでくれていて受け入れやすく、テンポが良いので1話終わるのがあっという間でした。

しかもそれだけでなく、毎回謎が謎を呼び、次回が気になって仕方なくなる引きも良い! 私含め上映会に行った方々は第4話が放送されるまで悶々と苦しむ羽目になってしまいました……w

 

内容については勿論、第3話まで見ての考察も色々考えたりしてしまい、もうしゃべりたくてたまらない!! 誰か、しゃべらせてくれ!!

 

 

(ん? 3DCGでキャラクターが魅力的、考察がはかどるストーリー……? 最近とても話題になったアニメがあったような……ウェルカムトゥようこそ正解するパーク

 

 

そんな魅力がたくさん詰まった『正解するカド』第1話の最速配信が、Amazonプライムビデオで、4月6日(木)からされます。(TV放送最速は4月7日のTOKYO MXです)

詳しくは公式サイトにてご確認ください。

seikaisuru-kado.com

 

 

 

いや、もう本当に見て。少なくとも録画はして。

TV放送がされたら、それに合わせてこのイベントで語られた話とかも盛り込んだ記事を書いていければと思います。

 

もうね、1年半前から待ってましたから、もうワクワクがたまらないです。多くの人とこの面白さを共有できれば嬉しいです。

 

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。

 

【その19】正解するカド第1話先行上映見てきました【AJ Circuit in 両国国技館】

関連前記事はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

 

3月25日の17時より両国国技館で行われた「AJ Circuit in 両国国技館」にて、『正解するカド』の第1話先行上映およびキャストトークが行われました。

AJ circuit 2017|AnimeJapan 2017

 

ビックサイトで15:00~15:40に正解するカドのイベントを行った後、両国国技館で17:00からイベント開始ということでかなり慌ただしいタイムスケジュールでした。(正解するカド第1話放映は17:50頃になるだろうというアナウンスが放送開始直前記念トークイベントではされていました)

 

会場に着くと、席は8割方埋まっており、後方の席となりましたが、画面が大きくむしろ後方の方が見やすい印象を受けたので結果オーライでした。

 

 

そして、正解するカド第1話の放映の時が……

 

あっという間でした!

 

 「感想雑っ!」と思われるかもしれませんが、本当に情報量が多く、個人的には同時放映された他のアニメと比べても一段と一瞬で終わってしまったかのような印象を受けました。

 しかしそれでいてテンポ良く、無理のない速さで視聴者が情報を受け止めきれるようになっており、SFというジャンルとして必要な舞台設定や世界観、状況説明といったこれからこの作品を楽しむ上で大切な土台作りが丁寧に行われた第1話のように感じました。

 

 第2話は、第1話で登場した謎をより明確に打ち出していくような形になるのでは? と個人的に予想していたり……

 

 4月2日には、新宿バルト9にて第1話~第3話の先行上映会があるのでとても楽しみですね!! 

 

 

 具体的な思い出(?)としては、冒頭でとある演出が出た際に(私は以前のイベントでその演出の存在を知っていたのですが)、気のせいかな? レベルで、会場が少しさわめいた(←ざわめいた、ではないです)ような気がしました。私がそれを知っていて、こういう反応があるだろうなと予想していたせいでそう思えただけかもしれませんが。

 (でもテレビ放送されたらtwitterとかで何かしら書かれそうだなとは思いました)

 内容は、PVで受ける印象から大きく外れることはありませんでしたが、やはり一筋縄ではいかない、PVのまま使われているシーンはそんなに多くなかったと思います。PVは、セリフを別シーンから持ってきたりしてるみたいですね。

 なので、何回でもPV見てもとても楽しめますよ、やったね!!

 

 

 

 続いてキャストトークでは、連続で放映された「Re:CREATORS」と合同で行われました。

 『正解するカド』からは、宣伝プロデューサーの高橋祐馬さんと真道幸路朗役の三浦祥朗さんが登壇されました。

 

 イベントは、最初に「正解するクリエイター」と題し、両作品のキャストに作品の魅力をフリップに一言で表してもらうというものがあり、三浦祥朗さんは、

 「明日のトレンド1位 (小鳥のマークを沿えて)」

とお書きになられていました。

 この理由は、「明日のトレンド1位になっているという意味ではなく、皆さんの日常を切り取ったものとして取り上げました。皆さんの日常が、カドの世界になっているかもしれない。そういう万が一を思わせるリアリティのある作品であるということです。」 というような事をお話しされていました。

 高橋祐馬さんからも、「SFとリアリティの融合」の作品であるという発言がされました。

 また他にも三浦さんから、「ザシュニナからの提示」について、「明日には出来ているかもしれないテクノロジー」といったことも言っておられたので、人類の技術的な進歩が一つのテーマになってくるかもしれません。

 

 

 さらに、個人的には一番強調しておきたいこととして、高橋さんから出たキーワードで、「価値観」というものがありました。「この作品において皆さんに問いかけるものが「価値観」で、当たり前が変わる瞬間がやってくる」とのことでした。

 

 野﨑まど作品が好きな私としましては、このキーワード、フレーズはこれまでの野﨑まど作品においてもかなりの部分において共通される重要なものとして捉えていたため、この発言で改めてこの『正解するカド』が野﨑まど先生の脚本であることを実感しました。そして更にこの作品が楽しみになりました!

 

 

 『正解するカド』は、東映アニメーションとしては初の3DCGのTVオリジナルアニメーションであり、先が読めない・新しい技術を用いているなどといった特性を十分に活かした脚本・ストーリーになっているはずです!

 「タイトルにもある通り、正解とは、正しいとは、という問いかけがある」

 「SF好きには勿論、SFがそうでもない人にもキャラ同士のつながりで楽しめる」

 といった様々な魅力が詰まっています。

 

 

 TV放送以外は現在のところ有料配信しか予定されていませんので、少しでも気になった方は、少なくとも録画だけはしておいてください。絶対に損はしませんので!!

 

 そして、最終話まで見終わったあとにでも「価値観」「当たり前が変わる瞬間」というキーワードを思い出してください。きっと、よりこの作品を噛み締めることが出来ると思います。

 

 

 さあ、TV放送早く来い!!

 

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。

【その18】正解するカド展示・イベントについて【AnimeJapan2017】

 関連前記事はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

 

2017年3月25日~3月26日に開催されたAnimeJapan2017に東映アニメーションが出展し、『正解するカド』のブースが展開され、また25日の15時からオープンステージにて、「TVアニメ「正解するカド」放送開始直前記念トークイベント」が開催されました。

簡単にではありますが、どのような展示・イベントであったかまとめようと思います。

 

 

 

1.東映アニメーションブース

 まずなんと言っても最初に注目されるのが巨大なカド!

https://www.instagram.com/p/BSGPdM1D4ig/

巨大カド

 

遠くからも見えるヤハクィザシュニナとカド内部の光景は、多くの人の目に映ったのではないでしょうか?

そして、巨大なカドを目印に近くまで行くと……

モニターで作られたカドが!

(アニメのED「永遠のこたえ」を歌われているHARUCAさんもいらしていたみたいです。)

twitter.com

 

しかもこのカド、モニターを貼り合わせて作られているため、動画が流されていました。 

 

これまでに公開されたPVが流されたほか、キャラクター紹介もされており、1周約30分ほどのかなり作りこまれた映像群でした!

 

ここから更にこの裏手へ行くと作業机が!

机には正解するカドに関するアイテムや、これまでに出ている正解するカド紹介記事掲載雑誌、脚本の野﨑まど先生が書かれた著作などがありました。

そしてこちらでは、正解するカド製作スタッフインタビュー動画が流されていました。

 

スタッフインタビュー動画は、スタッフさんたちの熱意や思いが伝わってきてとても良い動画だったのでBlu-ray特典とかで良いので記録に残してほしいと切に思いました。

(小ネタで、終わったあと何したいかという質問に、野口光一プロデューサーが「久しぶりにフルマラソン走りたい」、ストレス発散法はという質問に演出の齋藤昭裕さんが「ストレスは溜まる一方」と答えていたり、アニメのキャラデザをされた真庭秀明さんのおすすめの日本酒が「正雪」で、撮影監督の石塚恵子さんのおすすめの日本酒が「黒龍いっちょらい」だということが知れたりなど面白かったです)

 

この作業机の右隣に添えている小さい机の上には設定資料集が! しかも全部手に取って見れる!!

キャラクターデザインをはじめ、3Dで作られたものの細かい設定が直接見れたのはとても嬉しかったです。

 

 また、26日の14:00~14:15には、この東映アニメーションブースにて、『正解するカド』の紹介イベントが行われ、安見アシスタントプロデューサーと制作の矢口さんが登壇されました。

 内容ははじめて『正解するカド』を知った方々に魅力を伝えるという趣旨のもので、「もしかしたらあなたの身に起こるかもしれない」「作品内の市民と同じ気持ちで見てみるのも面白い」といった、リアリティについて特に言及されていた印象でした。

(イベント内でおっしゃっていましたが、イベントを見ていた方の中にはよくイベントなどに来ているカドを良く知っている方々も結構いたみたいですw)

 

 

 これまでになく多くの情報量と魅力がつまったブースになっており、私もビックサイトにいる時間のほとんどをこのブースで過ごしてしまいました^^

 

 

2.アニプレックスブース

 アニプレックスブースには、キャストスタッフ陣のサイン色紙とヤハクィザシュニナのARがありました。

https://www.instagram.com/p/BSGS7NBD_I2/

キャストとスタッフの方のサイン色紙

https://www.instagram.com/p/BSGSwuLjM6D/

アニプレックスブースのヤハクィザシュニナ。ARで遊べたよ。

 

ヤハクィザシュニナのARで遊ばせてもらいましたw

 

 

 

 

3.放送開始直前記念トークイベント 

 25日15時からオープンステージにて、「TVアニメ「正解するカド」放送開始直前記念トークイベント」が開催されました。

 登壇者は、司会のアニプレックス高橋佑馬さん、真道幸路朗役の三浦祥朗さん、徭沙羅花役のM・A・Oさん、品輪彼方役の釘宮理恵さんでした。

webnewtype.com

 

概略は上記の記事をご覧いただけば分かると思いますので、ここでは自分のメモを頼りにもう少し詳しく発言などを書きだしていきます。

 

まず自己紹介から入り、25日の朝に公開された第2弾PVを見ることに。

 

釘宮さん(釘)は「カド綺麗ー!」とテンションが上がっており、M・A・Oさん(M)は「映画みたい」、三浦さん(三)は「あれ? PVで流れていた歌って……」と「旅詩」を歌われていたM・A・Oさんに言及されていました。

 

それから、それぞれが演じたキャラクターの説明が各キャストからされ、

三「出来る男! いわゆる高級官僚で、きっと相当できるんだろうなぁと」

M「心温かい人。オレンジ色って感じ」

釘「無邪気。ピュアっピュアな天才」

 「自分の好きなものを語るとき舞い上がってトントン話を進めてしまうタイプ」

その中で、三浦さんは釘宮さんについて

「3ページに渡る10何カットの長台詞を早口で3カットにノーミスで収めた天才声優」

というような事も話されていました。

 

メインキャラクターのヤハクィザシュニナについては、

三「てらしーと話してたんですけど、「このキャラクター人気出るだろうなぁ」って」

と、キャスト同士の会話も出てきました。

 

するとここでゲスト(?)が。

www.instagram.com

ヤハクィザシュニナの着ぐるみが登場!

釘「情報過多だよ~」

とキャストのみなさんザシュニナの肌触りのよさにはしゃいでいました(笑)

 

ヤハクィザシュニナのあだ名とかどうしようという話題には、

プレスコ時には、「ヤハクィ専用ザシュニナ、出るッ!」と言ってたりしたという裏話も出ました。

 

アニメの注目点については、

三「1話1話謎が深まったり解明され、何かがもたらされていく」

 「ザシュニナとの距離感の変化」

 「沙羅花のオフショット!!」

 「SFだけど、苦手な人も楽しめる」

M「日本政府、学者、一般人など、それぞれの視点による違い」

 「沙羅花のオフショット」

釘「カドの存在感」「謎すぎる」

 「もしもの世界として見ると毎週目が離せない」

 「アフレコ1週空くと情報が足りなくなるくらい(情報が多い)」

 

といったことなどが挙げられ、 沙羅花のオフショットや私たちとの距離が近い作品で、情報量が多く考察が楽しめる作品として楽しみになりました!

 

最後に、

釘「両国国技館で行われる1話上映会に是非!」

M「知り合いとかと考察しながら見ていただければと」

三「スタッフさんはこの作品に自信があるんだと思います。そうでなければ真道というメインキャラクターに売れてる声優ではなく、40のすき間産業声優にしないと思う」

 

と、どのキャストの方も作品の面白さについて自信をもってすすめていました。

 

 

簡単にではありますが、AnimeJapan2017の展示・イベントについてまとめさせていただきました。

 

正解するカド楽しみですね!!

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。

 

【その17】正解するカド第2弾PVについて

関連前記事はこちら。

yasiki-waka.hatenablog.com

 

正解するカドの第2弾PVが3月25日に公開されました!!

www.youtube.com

 

やべぇ~……めっちゃ楽しみなんですけど……

とりあえずみんなPV見てくれよ! すっごく面白そうだから!!

 

 

個人的に気になった点をいくつかだけ。

 

カドめっちゃ綺麗になってる!

f:id:yasiki_waka:20170326234146j:plain

 過去の記事でも触れたのですが、製作途中で一度カドやキャラクターを作り直したとんでもなく熱意のあるスタッフ陣のおかげで、これまでのPVで使われていたカドと、外観が変わっています。以前の重厚感のあるものから、より美しく洗練されたものになっており、私は東映アニメーションのある大泉学園駅方面へ静かに一礼しました。

 

 

美しい歌声が聞こえてくる……こ、これは!!

f:id:yasiki_waka:20170326234536j:plain

 徭沙羅花役のM・A・Oさんが歌う「旅詩」でした! これがオープニング曲(公式HP http://seikaisuru-kado.com/ にて発表されています)ということで、「美しき正解、降臨」という『正解するカド』が最近打ち出してきたテーマにピッタリと合う美しい歌声と曲で、アニメで使われるところを想像するとわくわくしちゃいます!

 

 

ん? 今なんて言った?

f:id:yasiki_waka:20170326235400j:plain

 私には「ワム」って聞こえました。ヤハクィザシュニナさんが、「ワムは、貴方がたが食べきれないほどのパンだ」と言っており、なんか銅線みたいなの刺して何かやっていますね。

f:id:yasiki_waka:20170326235740j:plain

 「それ(新情報)ヤバくないですか!?」と品輪ちゃんみたいな反応を一人でしてしまいました。物語の1つの大事なアイテムになりそうですね。

 

 

ところでネット配信はするの……?

f:id:yasiki_waka:20170326235112j:plain

 やったぜ。

 Amazon プライム・ビデオにて配信が決定しました!! しかも1話はTVよりも先行して配信する上に、第0話を独占配信するらしいです! もうこれは入るしかないな!!(学生だと安く入れるらしいですよー)

 

 

 これまでのトレーラーやPVと比べ、格段に情報量(セリフの量や新規公開シーンなど)が多いPVとなっており、AnimeJapan2017に向かっている道中だった私にとっては大興奮のPVとなりました。皆さんにもより正解するカドの魅力や期待が高まるものになったのではないでしょうか?

 

 

いよいよ放送が近付き、色々と活発になってきた正解するカド界隈。是非これからのざわつきも楽しみつつ本放送を待ちましょう!!

 

 

当ブログで掲載している画像、動画、引用文等の著作権は各権利者所有者に帰属します。